ブログトップ

大垣善昭の Y's BLOG

yossyoh.exblog.jp

日々あれこれの写真とともに

<   2012年 12月 ( 25 )   > この月の画像一覧

e0203652_1820368.jpg

ハイカラさん号。
この日雪の中、
移動はハイカラさん号で。
窓は真っ白に曇っていてフロントガラス以外は
外の景色はおぼろげ。


e0203652_1820951.jpg

車内。
こじんまりとした車内。
膝と膝がくっ付きそうなほど。


e0203652_1820153.jpg

雪景色。
空き地に降り積もった雪が
街を美しく化粧していく。
[PR]
by yossy-oh | 2012-12-15 18:13
e0203652_1948569.jpg

蔦に。
石垣でも風があたってないところは、
蔦に雪が僅かに積もる程度。


e0203652_1948620.jpg

足跡。
鶴ヶ城場内に向かって行くと、
既に幾つかの足跡。
さすがにこの雪では観光客の出足も鈍く、まばら。


e0203652_1948624.jpg

白い世界。
鶴ヶ城にカメラを向けるも、
雪が吹き付けてくる。
数秒で撮ってサッとカメラをしまう。
[PR]
by yossy-oh | 2012-12-14 19:43
e0203652_19421361.jpg

雪がふる。
翌朝、雪が降り始めてきた。
市内循環バス ハイカラさん号で鶴ヶ城へ。


e0203652_19421476.jpg

降り積もる。
あっと言う間に地面に雪が積もりはじめた。
鶴ヶ城のお堀にいた鴨たちの背中にも雪が積もってきた。


e0203652_19421552.jpg

吹き付ける。
石垣にも雪化粧が施されてきた。
白い雪と湿った黒い石垣のコントラストが綺麗。
[PR]
by yossy-oh | 2012-12-14 19:34
e0203652_103106.jpg

風格。
七日町は古くからの建物が多く残っている所。
風格あるこの建物。
どんな老舗なのかと思いきや、
スポーツ用品店でした。


e0203652_1031669.jpg

会津若松も人口が減ってきているのだろうか。
あちこちに空き地が目立つようになってきた。
やはり人が街をつくっている。


e0203652_103172.jpg

店頭。
きらびやかな新しい店と違って、
タイムマシンにのって時代を遡ったような店先。
[PR]
by yossy-oh | 2012-12-14 09:57
e0203652_956153.jpg

七日町駅。
"なのかまち"ではなく、"なぬかまち"と訛って読むのが正しい。
ほっと安らぐ駅名。


e0203652_95612.jpg

最後の紅葉。
もう既に紅葉の時期は過ぎていたが、
駅を出て市街中心部に向かい歩きはじめたら、
曇天の天気のなかで、
ひときわ美しく眼に飛び込んできた。


e0203652_956313.jpg

拡がり。
更に近づいて、下から覗き込むと
赤く色づいた葉がまるで迫って来るほどの迫力。
[PR]
by yossy-oh | 2012-12-14 09:49
e0203652_9283253.jpg

AIZUマウントエキスプレス号。
鬼怒川温泉駅でこの電車に乗り換え。
二両編成ながら新型列車のため快適。


e0203652_9283430.jpg

木製ベンチ。
いまだ処分されずにホームに残る佇まい。
風雪に耐えてきた品格さえ感じる。


e0203652_9283576.jpg

運転手と車掌。
切符ではなくカードでの支払いになって久しい。
途中、車掌が検札にやってきた。
あまり見られなくなったもののひとつ。
[PR]
by yossy-oh | 2012-12-11 09:20 |
e0203652_1824282.jpg

一軒家。
窓からの景色。埼玉あたりだったろうか。
新しく造成された所に、ポツンと一軒。
夜、一人で帰ってきたら寂しいだろうなぁ。


e0203652_1824838.jpg

下今市駅。
ここで編成されていた列車が接続されたり、切り離されたり。
前方の列車は鬼怒川に、後方の列車は日光方面に。

e0203652_1824980.jpg

発車のベル。
鬼怒川方面に向けて列車の発車時刻。
寒かったこの日は駅員も長めのコートを着ていた。
[PR]
by yossy-oh | 2012-12-10 18:17 |
e0203652_13525185.jpg

東武 浅草駅。
昭和6年にオープンした駅ビル構造、
松屋の中に入った三面四線頭端式ホームの駅。
ホーム先端は狭くカーブしており、列車には渡し板がかかる。


e0203652_13525268.jpg

対面式シート。
窓からの景色が横に流れながら楽しめる。


e0203652_1353757.jpg

千住宿。
江戸時代の頃から日光街道、奥州街道の第一宿。
この街のそこここには、まだ昔の建物が残っている。
荒川を越えて北へ進む。
[PR]
by yossy-oh | 2012-12-09 13:36
会津若松駅を定刻通り出発。
e0203652_14564082.jpg


青空の戻った会津若松でしたが、
山間を抜けて行くと
また所々に雲が空を覆いはじめました。
e0203652_1456417.jpg


朝からの雪で昨日とはうってかわって
一面が雪景色。
e0203652_14564221.jpg


がらりと風景が変わりました。
e0203652_14564251.jpg


普段違った景色はとても新鮮。
e0203652_14564384.jpg


途中、来た時と同じく鬼怒川温泉で乗り換え。
帰りはここから特急スペーシアで帰ること。
特急券は携帯から予約。
便利な世の中だわ。

乗り換えまで暫く時間があったので、
駅前の足湯につかることに。
風が強くて上半身は寒く、
足はアチアチでピンク色に。
e0203652_14564428.jpg


今日は一日朝から、
曇り、みぞれ、雪、晴れなどなど、
お天気のフルコースを楽しめました。

帰りのスペーシアは次第に夕闇にのまれ、
一路東京へと向かいました。
e0203652_14564465.jpg

[PR]
by yossy-oh | 2012-12-08 14:41 |
翌朝、外は鉛色の空でどんよりとしている。
ホテルで朝食をとり始めると、
窓の外はパラパラと雨が降ってきました。
次第にみぞれに変わり、そして雪に。

食べ終わる頃には激しい雪にかわり、
路面はみるみるウチに積もりはじめて、
白くなってきました。

身支度を整えてホテルをチェックアウト。
きっとこんなに降っていれば、
鶴ヶ城はさぞ綺麗なのではとバスで向かいます。

まだあまり観光客が来ていないようで、
降り積もった雪の路面には、足跡がそれほどではありません。
e0203652_18274853.jpg


景色一面が白の世界。
会津でも今年の初雪だそうです。
e0203652_1827493.jpg


鶴ヶ城を一回りしたあと、
今回のもう一つの目的でもある、
慶山焼の窯元にバスで向かいます。

バスが30分おきに一本なので、
慌ただしく幾つかの皿を購入し、
雪も凄いので宅配便で送ってもらうことにしました。
e0203652_18275082.jpg


そして急いでバスに乗り込み会津若松駅へ。
この日は駅前で会津の物産展をやっておりましたが、
あいにくの大雪で人影もまばら。
e0203652_18275133.jpg


私は100円のいも汁を頂きました。
人出が少ないためなのか大盛りで、
器一杯に入れてくれました。
雪で冷えたカラダを熱い汁が温めてくれます。
e0203652_18275111.jpg


向かい座っていたオバちゃんも良い味出してます。笑
e0203652_18275276.jpg


しかし、この後急速に天気が回復してきて、
ついには太陽まで顔を出し青空まで。
e0203652_18275320.jpg


おかげで人の出足も良くなってきたようで、
良かった良かった。
e0203652_18275351.jpg

[PR]
by yossy-oh | 2012-12-07 18:08 |