ブログトップ

大垣善昭の Y's BLOG

yossyoh.exblog.jp

日々あれこれの写真とともに

カテゴリ:旅( 34 )

昨日仕事で名古屋へ向かいました。
何年ぶりだろ〜、新幹線乗るのは。
今は品川からも乗れるのですね。
e0203652_1912161.jpg

今回の仕事、
かなり以前、仕事をご一緒したことがあるNさんと、
FBで繋がったことで依頼されました。

夜は打合せも兼ねてNさんと一献。
かれこれ20年ぶりにお会いしました。
それぞれ、これまでの20年の歴史を酒の肴に、
更に一献。

名古屋といえばあの八丁味噌の味付け。
私なんでも食べるのですが、甘い味の料理はどちらかと言うと苦手。

なので、刺身盛り合わせと、鳥手羽の甘辛煮など無難なチョイス。
e0203652_19121691.jpg

翌日は朝早くから取材先に向かうので、
この晩はそこそこで切り上げることに。
[PR]
by yossy-oh | 2013-03-15 18:58 |
e0203652_9283253.jpg

AIZUマウントエキスプレス号。
鬼怒川温泉駅でこの電車に乗り換え。
二両編成ながら新型列車のため快適。


e0203652_9283430.jpg

木製ベンチ。
いまだ処分されずにホームに残る佇まい。
風雪に耐えてきた品格さえ感じる。


e0203652_9283576.jpg

運転手と車掌。
切符ではなくカードでの支払いになって久しい。
途中、車掌が検札にやってきた。
あまり見られなくなったもののひとつ。
[PR]
by yossy-oh | 2012-12-11 09:20 |
e0203652_1824282.jpg

一軒家。
窓からの景色。埼玉あたりだったろうか。
新しく造成された所に、ポツンと一軒。
夜、一人で帰ってきたら寂しいだろうなぁ。


e0203652_1824838.jpg

下今市駅。
ここで編成されていた列車が接続されたり、切り離されたり。
前方の列車は鬼怒川に、後方の列車は日光方面に。

e0203652_1824980.jpg

発車のベル。
鬼怒川方面に向けて列車の発車時刻。
寒かったこの日は駅員も長めのコートを着ていた。
[PR]
by yossy-oh | 2012-12-10 18:17 |
会津若松駅を定刻通り出発。
e0203652_14564082.jpg


青空の戻った会津若松でしたが、
山間を抜けて行くと
また所々に雲が空を覆いはじめました。
e0203652_1456417.jpg


朝からの雪で昨日とはうってかわって
一面が雪景色。
e0203652_14564221.jpg


がらりと風景が変わりました。
e0203652_14564251.jpg


普段違った景色はとても新鮮。
e0203652_14564384.jpg


途中、来た時と同じく鬼怒川温泉で乗り換え。
帰りはここから特急スペーシアで帰ること。
特急券は携帯から予約。
便利な世の中だわ。

乗り換えまで暫く時間があったので、
駅前の足湯につかることに。
風が強くて上半身は寒く、
足はアチアチでピンク色に。
e0203652_14564428.jpg


今日は一日朝から、
曇り、みぞれ、雪、晴れなどなど、
お天気のフルコースを楽しめました。

帰りのスペーシアは次第に夕闇にのまれ、
一路東京へと向かいました。
e0203652_14564465.jpg

[PR]
by yossy-oh | 2012-12-08 14:41 |
翌朝、外は鉛色の空でどんよりとしている。
ホテルで朝食をとり始めると、
窓の外はパラパラと雨が降ってきました。
次第にみぞれに変わり、そして雪に。

食べ終わる頃には激しい雪にかわり、
路面はみるみるウチに積もりはじめて、
白くなってきました。

身支度を整えてホテルをチェックアウト。
きっとこんなに降っていれば、
鶴ヶ城はさぞ綺麗なのではとバスで向かいます。

まだあまり観光客が来ていないようで、
降り積もった雪の路面には、足跡がそれほどではありません。
e0203652_18274853.jpg


景色一面が白の世界。
会津でも今年の初雪だそうです。
e0203652_1827493.jpg


鶴ヶ城を一回りしたあと、
今回のもう一つの目的でもある、
慶山焼の窯元にバスで向かいます。

バスが30分おきに一本なので、
慌ただしく幾つかの皿を購入し、
雪も凄いので宅配便で送ってもらうことにしました。
e0203652_18275082.jpg


そして急いでバスに乗り込み会津若松駅へ。
この日は駅前で会津の物産展をやっておりましたが、
あいにくの大雪で人影もまばら。
e0203652_18275133.jpg


私は100円のいも汁を頂きました。
人出が少ないためなのか大盛りで、
器一杯に入れてくれました。
雪で冷えたカラダを熱い汁が温めてくれます。
e0203652_18275111.jpg


向かい座っていたオバちゃんも良い味出してます。笑
e0203652_18275276.jpg


しかし、この後急速に天気が回復してきて、
ついには太陽まで顔を出し青空まで。
e0203652_18275320.jpg


おかげで人の出足も良くなってきたようで、
良かった良かった。
e0203652_18275351.jpg

[PR]
by yossy-oh | 2012-12-07 18:08 |
普段はほとんど日本酒を飲まないのですが、
ここ籠太での料理にはやはり日本酒です。

手はじめは勿論『飛露喜』を頂きます。
つぎはと、店主の鈴木さんにお任せで、
『国権』
e0203652_1116244.jpg


そしてお店の酒、
『籠太』末廣酒造
これは香りが高いとのことで、
ワイングラスでいただきました。

そしてお店からサービスで、
20年間、店の倉庫で寝ていて、
たまたま見つかったというお酒を頂戴しました。
e0203652_1116521.jpg


まったりと甘く、
中国酒のようなとろみ感があります。
e0203652_1116577.jpg


この日は金曜日でしたが、
あまり混んではおりませんでした。
ですので、団体以外の殆どのお客さんが
カウンターを囲んでいました。
e0203652_111668.jpg


鈴木店主がそれぞれのお客さんに、
何でウチの店を知って来てくれたの?
と聞くと皆さんネットで、と答えていました。
そんな時代なのですね。

お客さん同士ももちろん初対面ですが、
とてもいい雰囲気で隣りが何か美味しそうなモノを食べてる、
ウチのほうもコレお願い!
とオーダーしたり、
お裾分けしたりと和気あいあい。
e0203652_111684.jpg


まだまだ色々食べていたいのですが、
さすがにお腹は一杯。
名残り惜しいですが、
この日はお開きとしました。

また来年、今度は春の頃にでも再訪したいです。

籠太のお料理は、
特に派手な盛り付けなどがあるわけではありませんが、
一くち口に含めば、誰もがその美味さに心が震えます。

そして、食べ終わったあとも、
水面に石を投げてできた波紋が、
行ったり来たりするかの如く、
頭の中で美味さの余韻に浸れます。

素晴らしい名店だと思います。
[PR]
by yossy-oh | 2012-12-07 10:51 |
さて、まずはビールで喉を潤したあと、
つきだしのみぞれ和えを、
あっ、写真撮り忘れてた。

塩豆腐
e0203652_9333613.jpg


蹴飛ばし(馬刺し)
e0203652_9333750.jpg


イタリアンサラダ
・・・少し食べてしまってから撮ったのでトリミング。
e0203652_9333858.jpg


厚揚げの焼いたもん
e0203652_9333941.jpg


焼き鳥セット
e0203652_9333988.jpg


鶏しゅうまい
e0203652_9334034.jpg


こづゆ
e0203652_9334123.jpg


生牡蠣
e0203652_9334218.jpg


かんぷら田楽(じゃがいも田楽)
e0203652_9334253.jpg


さんまの串焼き
e0203652_9334329.jpg


国産にんにく揚げ
e0203652_9334443.jpg


ねば(乾燥納豆)
e0203652_9334472.jpg


などなど、
他にもお新香やら何やらも頼んだようですが
写真は撮り忘れていたようです。

・・・続く
[PR]
by yossy-oh | 2012-12-06 09:23 |
郷土居酒屋『籠太』
e0203652_16551775.jpg


もともとは12年前に某旅行ガイドブックの取材で
訪れたことがきっかけ。
その時は会津懐石『ふくまん』の取材でした。
e0203652_1655182.jpg



取材が終わりると、
店主の鈴木真也さんが近くで夜居酒屋をやっているので、
良かったら寄っていって下さいと言われた。
そしてこの時は、出張で行っていたので数日後に伺ったのが、
この『籠太』でした。

とにかく何を食べても美味いのです。
いや〜驚きました。
それから毎年、友だち数名と
温泉と新そばもあわせて楽しめる秋から冬にかけて、
年一回ていど、足繁く通いました。

廣木酒造の日本酒『飛露喜』を教えてくれたのも、この店。
当時、まだ無名に近いこの酒を、
店主の鈴木さんが、
『この酒はきっとこれから大化けする酒だよ』と。
e0203652_16551945.jpg


この予言はまさに的中。
いまでは簡単には入手出来ません。

それまで日本酒と言うと、
甘くてベショベショした不味い酒と思っていた私は、
このお酒で初めて日本酒の美味しさを教えてもらいました。
e0203652_16551976.jpg


いいお酒と美味い料理、
これ以上の至福の時がありましょうか!
まずはお酒に敬意を払い、
お口からお出迎え。
e0203652_16552096.jpg


・・・続く。
[PR]
by yossy-oh | 2012-12-04 16:32 |
蕎麦を頂いたあと、
ホテルのチェックインまではまだ時間があったので、
カフェ好きのO-YOMEちゃんの希望で、
『珈琲館 蔵』へ。

外観写真を撮り忘れていまいましたが、
店名通りにもと蔵を改装しての佇まい。
中は高い天井を利用して中二階構造。
せっかくなのでその二階に座りました。
e0203652_651323.jpg


私はブレントコーヒーを、
O-YOMEちゃんは食後ですが
別腹のケーキセットを頼みました。
e0203652_6513342.jpg


なかなか素敵な器です。
まったりと休憩したあと、
少しチェックイン時間より早かったのですが、
ホテルに向かいました。

クルマの運転をしていた訳ではありませんが、朝が早かったので疲れ、
少し休憩。

ホテル二階にマッサージ機があるので行ってみようと。
15分100円とかなり割安。
e0203652_6513455.jpg


いつも会津若松に来ると利用している
このホテル、中町フジグランドホテル。
建物はやや古いですが、
部屋は今時のビジネスホテルよりは広く、
最上階には小さいながらも浴場がありとても快適。
それでいて料金はツインの部屋で10300円。
ひとりおよそ、5000円程度。
朝も無料でしっかりした朝食もついてます。
e0203652_6513545.jpg



さて夕刻、
この旅の最大の目的の場所めざしてホテルを出ます。

会津若松のやや寂れた街角風景はいつもいい味を出し、
何か心温まる風景。
e0203652_6513569.jpg


会津若松市役所庁舎も今晩はライトアップされてます。
e0203652_6513639.jpg


そして目的地はここ。
郷土居酒屋『籠太』
e0203652_651373.jpg



・・・続く
[PR]
by yossy-oh | 2012-12-04 06:27 |
先週の金、土曜日、
仲良しのT夫妻と一泊二日で会津若松へ旅行に行くことに。
クルマも友だちから借りる手筈も整え、
準備万端、
・・・のハズだったのですが、2日前の夕方連絡があり、
どうしても仕事の都合で行かれなくなってしまったと。

トホホ・・・。
O-YOMEちゃんと2人でクルマで行くとなると、
交通費が割高になってしまう。

急ぎ調べてみると、
『ゆったり会津 東武フリーパス』
と言うのがあり、
6990円で往復でき、下今市駅からは乗り降り自由。
急遽、この切符を手配しました。
e0203652_17323878.jpg


浅草駅を7:10に出発。
まずは、鬼怒川温泉駅に向かいます。
e0203652_17323955.jpg


今回はプライベートの小旅行なので、
持っていくカメラも一台。
リコーGXRのみ。
あとはiPhone5。
e0203652_17323998.jpg


列車は山間を抜けて進みます。
景色は既に冬モードで、
車窓から景色は寒々としてます。
e0203652_17324061.jpg


e0203652_17324126.jpg


私はチケットが途中乗り降り自由ということなので、
湯野上温泉で日帰り入浴しようと思っていたのですが、
念のため列車の中から、
行こうと思っていた所に連絡してみたところ、
今日は日帰り入浴はやってません〜、
と断られてしまいました。残念!
e0203652_173241100.jpg


下車駅は会津若松駅の一つ手前、
七日町。
これ、なぬかまちと、訛って読みます。

まずは、お昼にお蕎麦を食べたく、
以前、取材で伺った時にとても美味しかった、
『すず勘』さんへ。
しかし、その場所に着いてみると違う店がある。
ネット検索して場所を再度確認してみるも間違って無いようだ。
しかし、無いものないのだから仕方ない。
更に少し歩いて『桐屋 権現亭』さんへ。

しかし、メニューを見るも
いずれもかなりお高めのお値段。
ビックリしました。
観光地料金でしょうか?
e0203652_17324214.jpg


私は会津頑固蕎麦を頼みました。
e0203652_17324384.jpg


一口、二口。
うーん、思ったほど美味しくないなぁ、
チョット残念。
e0203652_17324473.jpg


・・・続く。
[PR]
by yossy-oh | 2012-12-03 17:02 |