ブログトップ

大垣善昭の Y's BLOG

yossyoh.exblog.jp

日々あれこれの写真とともに

M型の

キャノンのミラーレス機が
カメラメーカー最後発で9月に発売になった、EOS M。

キャノンプロサービスでテスト機が
借りられたので試用してみた。

持った感じはとても小さくて、
このサイズでAPS-Cの画面とは驚きもの。
ましてや一眼レフのEFレンズをアダプターを介して使用できるようにするためには、
相応のマウント強度も必要でしょう。

AFに関してはネットなどでは遅いと散々な評価を受けていますが、
普通に使う分にはそれなりのスピードではあります。
が、時々何でこんなところで?
と、ピントが合わずにフォーカスが行ったり来たりと
チョット不思議ちゃんの面も。

EF-M 22mm f2、EF-M 18-55mm f3.5-5.6の二本のレンズは、
そこそこの画質。
逆光にも強く今どきのレンズ。

しかし、マウントアダプターを介して一眼レフのEFレンズを使用してみると、
やはりこちらの方が更に画質は一段上ですね。

小型、軽量で取り回しがよく、
EFレンズが使えるのはグットです。

そしてチョットこれは〜と言うのは、
ファインダーが無いために太陽光ギラギラの中では、
液晶画面が全く見えずフレーミングが出来ません。
手元にあったiPhone5と見較べて見ましたが、
iPhoneは何ら問題なく見えます。

今回はEOS Mの購入は見送ります。
やはり写真をやってきた人間としては、
ファインダーが無いのは使いにくいですね。
e0203652_143125.jpg

[PR]
by yossy-oh | 2012-12-17 13:40 | 写真