ブログトップ

大垣善昭の Y's BLOG

yossyoh.exblog.jp

日々あれこれの写真とともに

会津若松の旅 5

普段はほとんど日本酒を飲まないのですが、
ここ籠太での料理にはやはり日本酒です。

手はじめは勿論『飛露喜』を頂きます。
つぎはと、店主の鈴木さんにお任せで、
『国権』
e0203652_1116244.jpg


そしてお店の酒、
『籠太』末廣酒造
これは香りが高いとのことで、
ワイングラスでいただきました。

そしてお店からサービスで、
20年間、店の倉庫で寝ていて、
たまたま見つかったというお酒を頂戴しました。
e0203652_1116521.jpg


まったりと甘く、
中国酒のようなとろみ感があります。
e0203652_1116577.jpg


この日は金曜日でしたが、
あまり混んではおりませんでした。
ですので、団体以外の殆どのお客さんが
カウンターを囲んでいました。
e0203652_111668.jpg


鈴木店主がそれぞれのお客さんに、
何でウチの店を知って来てくれたの?
と聞くと皆さんネットで、と答えていました。
そんな時代なのですね。

お客さん同士ももちろん初対面ですが、
とてもいい雰囲気で隣りが何か美味しそうなモノを食べてる、
ウチのほうもコレお願い!
とオーダーしたり、
お裾分けしたりと和気あいあい。
e0203652_111684.jpg


まだまだ色々食べていたいのですが、
さすがにお腹は一杯。
名残り惜しいですが、
この日はお開きとしました。

また来年、今度は春の頃にでも再訪したいです。

籠太のお料理は、
特に派手な盛り付けなどがあるわけではありませんが、
一くち口に含めば、誰もがその美味さに心が震えます。

そして、食べ終わったあとも、
水面に石を投げてできた波紋が、
行ったり来たりするかの如く、
頭の中で美味さの余韻に浸れます。

素晴らしい名店だと思います。
[PR]
by yossy-oh | 2012-12-07 10:51 |